性能 - 注文住宅

『ツーバイフォー工法』とはどんな工法?

枠組壁工法とは、床・壁・天井を枠組材と構造用合板を釘で一体化した大きなパネル、”ダイアフラム”と呼ばれる強固な立体盤面を1つの構成単位とし、造り上げていく建築工法です。一般的な「軸組工法」の柱や梁などの骨組みを先に施工していくのに比べ、耐震性、気密性などに優れています。 在来工法住宅と比べた、『2×4住宅』の優れた効果
イメージ図01
一般的な「軸組工法」の場合は…上下から加わる力には強いが、横からの力にはやや弱い。
イメージ図02
『ツーバイフォー工法』の場合は…上下から加わる力にも、横から加わる力にも強い。

耐震性

『モノコック構造』が高耐震性を発揮!

構造の基本となる強い剛性を持つ枠組と面材で造られたダイアフラムを、 6面体を1単位とした空間を構成することはモノコック構造ともいえます。スペースシャトルや新幹線、 フォーミュラ・ワン(F1)にも採用される、この構造を住まいに用いることで地震の際にも6面全体で揺れ自体を抑えるとともに、 加わる力を各所に分散させて外力に抵抗して、ネジレを防ぎます。そして、壁を形成する垂直ダイアフラムは水平ダイアフラムから伝わる力、 あるいは上下方向の力を分散して基礎に伝達し、建物の変形や倒壊を防ぎます。


モノコック構造は、軸組構造と面材が一体化した強靭な面で、床・壁・天井を一体化す6面体構造。 6面が互いの面を支え合う箱形構造だから、地震の応答倍率を低く抑えて、加速速度を小さくして、建物に伝わる衝撃度を和らげます。

6面体を構成する-高耐震構造/モノコック構造 6面体を構成する-高耐震構造/モノコック構造

高耐震性を支える『強化スラブ一体型ベタ基礎』

アイ建設の基礎は、建物下の地盤全体に厚さ200mmの鉄筋コンクリートを打設した、「強化スラブ一体型ベタ基礎」です。「ベタ基礎工法」は、床下全体を覆う強固な基礎形状で、地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。しかも、軟弱地盤でも「不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)」を起こしません。従来の「布基礎工法」と違い、地面をコンクリートで覆うので防蟻対策としても有効で地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。極めて信頼性の高い構造です。
ベタ基礎イメージ図

基礎詳細断面図
  1. 基礎幅          :150mm(住宅金融公庫基準:120mm)
  2. 基準の高さ     :430mm(住宅金融公庫基準:400mm)
  3. 耐圧盤の厚み :200mm(住宅金融公庫基準:150mm)
  4. 湿気や白アリの進入防止 基礎下全面に防湿敷き込み

耐久性

湿気を防ぐ『基礎パッキン工法』

床下の湿気対策に土壌処理を施した後に地盤からの湿気を防ぐための防湿シートを敷き、コンクリートで表面を覆うスラブ一体型基礎により二重に防止しています。
土台と基礎の間に硬質樹脂で成型したパッキンを挟み込む「基礎パッキン工法」の採用により、床下換気を効率よく行うことができ、木材の湿気を抑えて腐食防止と基礎耐力効果を発揮します。
基礎パッキン工法イメージ図

耐火性

火の道を防ぐファイヤーストップ構造

木は燃えても表面が炭化層となり、内部への酸素供給が絶たれなかなか燃え進まないという特長があります。よって構造材の強度はほとんど変化がありません。
万一の火災があっても、一般の木材や鉄骨造などの軸組構造では壁や天井裏がつながっているため火が燃え広がってしまいます。 ツーバイフォー工法の当社では、ファイヤーストップ材により火の通り道を遮断。更に不燃性部材として、壁・天井の下地材には、石膏ボードと断熱・吸音効果もあるロックウールを使用し、耐火性外壁素材は外からのもらい火をも遮蔽します。総合的な防火対策で大切な住まいを守ります。
ファイヤーストップ構造(2階建ての例)

断熱性

快適な省エネ住宅を実現

断熱性は優れた居住環境を得るためには大切です。そのために外壁に断熱材を入れますが、RC造や鉄骨造は木造より熱伝道率が高くなり断熱性能が低下します。よって、断熱性に優れた空間を作るには木材を構造材として、機密性と共に高い断熱性を得られるツーバイフォー工法の省エネ住宅が理想的なのです。
断熱構造図 断熱構造図

遮音性

『吊り天井方式』で上下関係を満喫

建物外部からの騒音は、外壁材、構造用面材、繊維系断熱材、石膏ボードがそれぞれの高度な遮音性能を発揮するなど、優れた外壁構造が遮断。
建物内部から発生する生活騒音(扉の開閉音、話し声、TVの音、足音など)には、アイ建設の特徴でもある上階床と下階天井を直貼りしない吊り天井方式です。上下階が切り離された形で吸音性に優れた繊維系断熱材を施工し、足音や振動が階下に伝わりにくい防振性構造ですから心地よい静音生活を満喫できます。
床遮音構造図(2階居室床例) 床遮音構造図(2階居室床例)
資料請求  無料見積もり  よくある広告
無料セミナーのご案内
センチュリー21のリースバック 売っても住めるんだワン
30秒で簡単入力 会員登録はこちらから
お早めのご登録をお待ちしております。
1466
3156
ファイナンシャルプランニング(予約制) 無料個別相談
センチュリー21アイ建設 横浜本店
〒244-0805
横浜市戸塚区川上町87-4 N&Fビル1・1F
横須賀線 東戸塚駅西口 徒歩3分
フリーダイヤル:0120-040-021
営業時間: 8:30〜21:00
定休日: 毎水曜日、第1・3火曜日
休日受付:9:00〜18:00
センチュリー21アイ建設 横浜本店案内図
地図を拡大
センチュリー21アイ建設携帯サイトはこちらから